社名
合同会社RDND(アール・デ・ナイデ)
事業内容
上勝町が自立し、持続していくことに係る全ての事業
主な事業
(1) 「Cafe polestar」の経営
(2) 上勝町特産品販売店の経営
(3) 各種イベントの企画、制作、運営、管理
(4) ネットショップでの上勝町特産品やその他商品販売
社員
代表社員    東 輝実
業務執行社員  松本卓也
所在地
〒771-4501 徳島県勝浦郡上勝町大字福原字平間32番地1
E-mail
info@rdnd-kamikatsu.com
TEL
0885-46-0338(カフェ・ポールスター内)
資本金
530円(ゴミゼロ)
設立
2012年12月12日

 

profile1

「上勝町で2週間楽しく過ごすには?」というコンセプトのもと、上勝町での暮らしを豊かにするサービスの提供や、上勝町と世界を繋ぐ役割を果たします。当社の事業は全て「上勝町に貢献できること」と「上勝町に来てくださったお客様が『上勝にきてよかった。』という、満足感や幸福感を感じていただくこと」を目的としており、展開する事業は「上勝らしさ」を常に追求したものであることを前提としています。

SNSによる世界にむけた広報と、通販サイト運営での「つながりづくり」。

sns1

当社はSNS(Facebook、Twitter)を使い、上勝町や当社の事業に関する情報を世界に向けて発信していきます。上勝町に関心をもたれている方が上勝町のリアルタイムな情報を集められるよう、また上勝町に行きたくても様々な事情により実際に行くことが困難な方には、上勝町をより身近に感じていただけるよう、運営するものです。ほとんどの記事は日本語・英語で書かれており、海外の方にもご利用いただけるものにしたいと考えています。

 

さらに当社が運営する通販サイト「BuY KAMIKATSU」は、上勝町民だからこそオススメできる商品をインターネット上で販売する場所です。野菜をはじめ生活用品や雑貨など、「上勝らしさ」を感じることができ、また上勝町民としてぜひともお客様にお届けしたい商品を企画、販売していきます。

sns2

「上勝町の野菜を食べてみたい。」
「友人に上勝ギフトを送りたい。」遠くにいても、上勝町を想ってくださる方のため、インターネットを通して上勝町と世界との「つながりづくり」をしていくことが、私たちの事業のひとつです。

 



–>

「ショールーム」としての Café polestar。

cafe1
当社が運営するカフェ「Café polestar」は、上勝町にお越し頂いた方に「上勝らしさ」を五感で感じてもらうための場所であり、また上勝町での暮らしに「こんなものがあってもいいのでは?」という、当社なりの提案をしていく「ショールーム」です。カフェでは、上勝町が目指す「ゼロ・ウェイスト」の精神にのっとった「ごみや無駄を出さない」商品の販売やサービスを提供することや、上勝町産の食材をたっぷり使用し、お客様に健康でおいしい食事を召し上がっていただくため、「地産地消」や「ナチュラルフード」にこだわったメニューを提供することを目指します。さらに、当店社員が厳選した生活雑貨や、世界から仕入れた小物などの販売も予定しております。

cafe2

cafe3

*polestarという名前

人やものがつながったり、新しい何かが生まれたり。
そこに行けば、「何か」に出会える。
そして、「上勝」を五感で感じられる。そんなカフェを作りたい。

その想いをこめて、
夜空で輝く北極星のように上勝の目印になれるよう、
お店の名前を”polestar”と名付けました。

 


–>

上勝町の資源を利用して、次世代に受け継ぐためのイベント企画・運営。

education1

人は、生きていく上で様々な経験をします。その中でも、どのような「環境」の中で生まれ育ち、どんな人たちと出会ってきたかということは、その人を形づくる上でとても重要な要素だと、私たちは考えています。「上勝町という小さな町で、たくさんの世界に出会えたら。」上勝町という「何もない」と思われがちなところで「本物に出会う経験」を子ども達にしてほしい、と私たちは考えています。私たちはそのための「機会づくり」を実現していきます。プロのアーティストの演奏を見る。海外の人たちが話すネイティブな英語をきく。一流シェフ、板前さんの料理を食べる。森の中の木々や苔、草に触れる。季節の「風」の匂いを感じる―。

 

上勝町の雄大な自然に囲まれながら、多くの「本物」に触れる生活。上勝町で幼いときを過ごす子ども達が、上勝町を拠点として、たくさんの経験を積んでくれること。そしてその経験をもとに、夢をもって世界に羽ばたいてくれることを、私たちは望んでいますし、そのためのイベント企画等を積極的に行っていきたいと考えています。

education2



–>

上勝町でゆったりリッチに泊まる宿「東屋」。

上勝町に、遠くからお金と時間をかけて来てくださる方々。その方達に、上勝町の空気をいっぱい吸って、おいしいものを食べて、ゆっくりと身体を休め、全身で上勝町を感じていただくため、私たちは上勝町での宿づくりを行います。当社代表の東の生家、「東家」。
彼女の弟で17代目を数えるという、ずっと昔から上勝町で生活を営んできたお家です。上勝町の「市宇(いちう)」という集落、標高800mの所。細く急な坂を登った所に、東家本家はあります。そこから見えるものは、山と棚田と空だけ。聞こえてくるのは、風の音と鳥の鳴き声のみ。夜になると街灯はなく、月明かりのみがあたりを照らします。そこで見上げる星空は格別で、東が幼い頃は車のトランクに寝転がり、懐中電灯と星座の本を手に、家族で星をよく眺めたそうです。

guesthouse1

「私が一番上勝を感じられる場所。」
東はこの家について、そう語ります。そんな場所も現在は誰も使用しておらず、このままでは朽ち果てるのみ。思い出がたくさん詰まったこの場所を、それに何よりも上勝町のすばらしさを感じられるこの空間を、後世にも残していきたい。そして、上勝町に来てくださった方々に、ぜひともこの空間に包まれる経験をしていただきたい。私たちが進める宿づくりには、東のそんな想いもこもっています。

guesthouse2

guesthouse3

街の喧噪から離れ、一人静かな空間に身をおく。大切な方とゆったりとした時間を過ごす。私たちがプロデュースする「東屋」は、余計なもの全てを削ぎ落して、本当の上勝にあるものだけに浸る空間です。

 


–>