【ブログ】アメリカからのお客様。

b0224470_20185521

 

春爛漫。

 

みなさま、ご無沙汰しております。RDNDのあずまです。

いつの間にやら季節は春。
上勝町もいたる所で桜や梅、桃の木に花が咲き
とても美しい時期を迎えています。

 

b0224470_20181960

 

今日はちょっと寒いけれど…。

 

さて、長い間(またしても)ブログの更新が滞り、申し訳ございませんでした。
今日はアメリカからのお客様についてのお話です。

 

もうこのブログでも幾度となくご紹介してきました通り
上勝町は「ゼロ・ウェイスト」を町の政策として掲げており
2020年までに町内から排出されるゴミをゼロにするため
現在はごみを34分別したり、リユース、リメイク商品の
企画、開発などが行われております。

 

日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を出した町―。

 

環境問題に関心がある人が
必ずと言っていいほど上勝町に赴くことから
「上勝詣で」という言葉まで出てきているようです。(わおっ)

 

そんな上勝町は日本国内だけでなく、世界からも注目を浴びてきました。
BBC News : Zero waste in Japan
Earth 911.com Think 2 Recycling Bins Are a Hassle? Try Sorting 34

 

海外のメディアにも何度か取り上げられており
世界中が上勝町のゼロ・ウェイストへの挑戦を見守ってくださっているようです。

 

今回上勝にいらっしゃったベケットさんは、アメリカの大学生。
大学を卒業後メディアに就職し、そこで製作に携わった
環境問題に関するテレビ番組から、環境問題に関心を抱き
再度大学に入学して学んでいらっしゃるようです。

 

 

彼女が主に学んでいるのは、ライフサイクルアセスメント(LCA)
という、日本では「環境影響評価」といわれる分野です。

 

「LCAとは、その製品に関する資源の採取から製造、使用、廃棄、輸送など
全ての段階を通して環境影響を定量的、客観的に評価する手法である。」
― EICネットより抜粋

 

現在は卒業論文の執筆中。
それにあたり、ゼロ・ウェイストについてもっと勉強したい!ということで
アメリカから上勝町まで来てくださいました。

 

「ベケットさんのゼロ・ウェイスト見学ツアー」(勝手に命名)では
小水力発電機を見学し、上勝町日比ヶ谷ゴミステーションで
ごみ分別の仕組みに関するレクチャーを受け
ゼロ・ウェイストアカデミーを訪問。

 

b0224470_20154221

 

英語でのガイドは、ゼロ・ウェイストアカデミーのAさんにお願い。
私も隣で聞かせてもらいましたが、とても英語の勉強になりました。

 

b0224470_8244754

 

熱心なベケットさん。

 

レクチャーの後は、ゼロ・ウェイストアカデミーが運営する
くるくる工房」でお買い物!

 

b0224470_20155235

 

鯉のぼりをリメイクして作られたジャンパーや
古布のシュシュ、その他リメイク商品をお土産として購入されていました。

 

b0224470_8271469

 

シュシュも似合ってる!

 

 

お昼ご飯は、一休茶屋で上勝の野菜がたっぷり使われた定食を食べ
(彼女はベジタリアンだったので、お肉が使われていない
「一休定食」をとても気に入っていました!)
その後は上勝の棚田や滝などを見てまわり
最後は「上勝百貨店」でドライフルーツを量り売りしてもらって終了。

 

 

「また来たい!」

 

そう言ってくれたのが、何よりも嬉しかったです。

 

ベケットさんから,上勝の感想や上勝に対してのメッセージをいただきました。
こちらで見れますので(英語ですが)ぜひご覧ください!
http://www.facebook.com/photo.php?v=10151520177608361

 

 

 

世界から人が来る上勝町。
私たちRDNDは、海外の方にも上勝のことを知ってもらえるよう
英語で上勝の情報を発信しています。
Facebook: Kamikatsu

 

上勝町を、世界に誇れる町にしたい。
いろんな人が集まる町に―。

 

私たちができることから、やっていきたいと思います。

 

ベケットさん、ありがとうございましたー!!

 

 

RDNDあずま