インターン日報 9/18 Byあっちゃん

10669342_1460301067592263_7585636203266034317_o
1890432_1460301050925598_790357514438310761_o
 
<1. 本日行った事>
・小豆島観光!
回ったところあげていきます。
行き過ぎて忘れていると思いますが。
ポンカフェ
棚田の横にある謎のオブジェ
江戸時代に作られた歌舞伎の舞台
777mの山の上でサルを目撃
ヤマサン醤油でアイス
リーゼント
馬木キャンプ
図書館
ヤノベさんの作品
寺(神仏習合)→岩を登る→洞窟
オリーブオイル屋さん
花屋さん
・高松のうどん屋で夕食
 
<2. 活動の中で気づいた事、面白かった事、学べた事など>
今日はPhilbooksの川端さん、井上工務店の井上さんの案内の下、小豆島を巡りました。
小豆島は降り立ったら、ごま油の良い匂いが!
 
ポンカフェでカレー、紅茶いただきました。
古民家を改装したお店です。
カレーは辛くない、野菜ベース。美味しかったです!
店に置いているものは、種類が異なる椅子や机を置いていて、「家」をテーマにしているのかなと感じました。
町の人がわいわいとおしゃべりしていて、落ち着ける場となっていて良いと思いました。
本の置き方は、シンプルで好みでした。手に取りやすい。
メニューを黒板に書いていて、売り切れたら消しているのがとても好みでした!
 
歌舞伎の舞台を見に行くと、そこを管理しているおじいちゃんが気をきかせて、中を案内してくれました。
一番印象に残っているのは、舞台横の石。
幕を開けるとき、繋がれたひもをどこかの壁にひっかけるのではなく、石をおもりにしていました。
わかりにくいと思うので写真を見てください。
ひもが季節によって伸縮してしまっていても、石の重力でひもがひっぱられて、幕はいつも一定の高さに上がるというものです。
昔の人の知恵がうかがえました。
 
小豆島のアートについて。
リーゼントくん、馬木キャンプ、丸太、龍のミラーボール、トらやん・・・
目を引くものばかりで、面白かった!
茨木市(地元)と小豆島が姉妹都市だったとは知らなかったです・・・
川端さんも言っていましたが、それがどういう思いでつくられたのかを知って、作品を見ると、とても楽しかったです。
自分の好きなモノに気付けて良かったです。
 
小豆島の図書館に行きました。
実は、上勝町には図書館がありません。
私が小学生のころ、夏休みは毎日図書館に行って近くの駄菓子屋さんに寄るみたいなことをしていました。
それが当たり前と思っていたし、私にとって図書館がないのは衝撃が大きいですね。
 
岩に登った!素直に楽しかった。
良い距離感で島を見渡せる絶景ポイント。
オリーブオイル屋さんにもお邪魔させてもらいましたが、生憎小豆島産のオリーブオイルは売り切れてしまったのこと。
欲しかった。
 
普通に観光を楽しんでしまったのですけれども、観光に必要な要素をあげていきたいと思います。
カッコ内は小豆島で考えたものです。
・現代的なモノ(アート)
・歴史的なモノ(寺)
・伝統的なモノ(歌舞伎)
・絶景ポイント(山、海、夕日)
・美味しいモノ(オリーブ、醤油)
あれば便利なのは
・情報
・案内してくれる人
都会の人は、距離感わからないと思います。
 
<3. 明日からのインターンシップで気をつけたい事>
そろそろまとめにはいります。
 
<4. その他メモ>
車内で、たけのこ派ときのこ派の論争展開。笑
丸一日お疲れ様でした!!
写真は、登った岩と歌舞伎の石です!